バイナリーオプションを始めるためには、口座開設も済ませる必要があります。口座開設が必要である以上、書類提出も必要です。基本的には公的機関から発行された書類を、金融会社に提出する事になります。

申し込みをする時に必要な書類

金融会社としては、申込者の本人確認を行う義務があります。その都合上、どうしても書類を提出する必要があるのです。
具体的にどのような書類を提出するかというと、役所などが発行している公的な書類です。免許証や保険証などのデータを提出して、金融会社に事務処理を行ってもらう訳です。
ですから書類によっては、無効扱いになってしまう事があります。例えば社員証や年金手帳などは、金融会社によっては無効になる可能性はあります。どのような書類なら有効であるかは、たいてい金融会社のサイトに明記されていますから、申し込みする前に確認しておくと良いでしょう。

どのような提出方法があるか

バイナリーオプションの会社に書類を提出する方法は、複数あります。大きく分ければ、郵送もしくはWEBです。基本的には、後者のWEBで提出する方が良いでしょう。
郵送でも構いませんが、少々時間がかかってしまうデメリットがあります。書類が金融会社に到着するのは、たいてい数日ぐらいかかってしまうからです。郵便事情がありますし、当日中に金融会社にデータを送るのは、少々困難です。
しかしWEBの場合は、即日でデータを送ることができます。データを送信すれば、基本的には数分以内に書類確認が完了します。郵送で手続きを進めるよりもスムーズなので、WEBで提出する方が良いでしょう。

海外の業者は住所書類も必要

ちなみに海外業者の場合は、本人確認書類の他に住所書類が必要な事があります。色々と国籍などを確認する都合上、住所が分かる書類も別途で提出する訳です。
基本的には、ライフラインの支払いに関する書類で問題ありません。電気料金やガス料金などの領収書が発行されているなら、その画像データを提出します。
なお海外業者に書類を送る時は、原則としてWEBになります。まずはスマホやデジカメなどで書類の写真撮影を行い、画像データを作成する訳です。作ったデータをメールやアップロード用フォームなどで、海外業者に提出します。
その際、データの画像が鮮明であるかどうかを確認しておく方が良いでしょう。画像がぼやけていますと、再提出になってしまう事もありますから、少々時間がかかってしまいます。