個人投資家の投資対象について、わかりやすいものをいくつか紹介していきたいと思います。まずはなんといっても株式投資です。 企業が発行した株式の売買したり配当金を得ることで容器を得ると手法になります。バイバイすることによって得られる収益を売却駅でいたり、配当による利益を配当金としていたりすることができます。その他にも株主優待券といった企業独自のメリットもあります。リスクの大きいか小さいかと言うのは銘柄にもよりますが、複数の株式を組み合わせて所有することによりリスクの範囲は調整することが可能だと思います。 次にさいけんです。大きく個人向け国債と個人向け社債を説明していきたいと思います。 まずは個人向け国債です。これは個人投資家向けに販売される国債のことです。国が発行本と言うことで元本割れなどのリスクが非常に低いと考えられます。そして長期低金利時代においては銀行の金利よりも最低金利が高いことがポイントです。しかしながら満期が3年、5年、10年と長いことがポイントになります。また10年満期のものであれば変動金利、短期のものであれば固定金利になります。利益の受け取りについても短期で得ることができます。 一般的に言われているのは国の予算がこの国債を発行することによって借金が増えることになり現在は国民一人当たりの国債発行による借金が1000万円を超えると言われています。 次に個人向けの社債です。こちらも一般の企業が資金調達のために発行する社債になります。ある程度低い金額から購入することができ、保有期間も1年から長期で20年ものまであります。満期まで保有すると金利がついてきますが、保有期間中に売却することも可能になっています。収益としては売却益そして満期まで保有した際の金利になります。リスクはなんといっても発行元企業の倒産です。株価のように頻繁な値動きはあまり発生しないのですが倒産してしまうと全てがゼロになってしまいます。しかしながら大企業に関してはそれほど倒産リスクが高いわけではないのでリスクが高いとは言えないでしょう。 このようにまず一般の個人投資家が目に触れるものとしては株式投資、国権、社債が挙げられると思います。それぞれ特徴がありメリットとデメリットがありますがやはり1番リスクが高いのは株式投資になるでしょうか。しかしながら値動きが速く、組み合わせて購入することでそのリスクも減ることを考えるとやはり小額から始められると言う意味でも株式投資が個人投資家の第一歩になるのは間違いないでしょう。