せどり商品の仕入れ先はいくつかありますが、その一つがネットです。ここでは、ネット仕入れのメリットとデメリットを紹介します。

せどりのメリット

自宅でできる

ネットで仕入れてネットで販売すれば、すべてはネットで完結します。つまり、自宅からでることなくせどりができるのです。
店舗仕入れの場合は仕入れのために店舗に出かける必要があり、時間もかかってしまいます。しかし、ネット仕入れなら出かけるという時間を節約できます。
小さな子供がいて家を離れにくい、親の介護をしなければならない、副業としてはじめたけど本業が忙しいといった方でも、ネットなら始めやすいことでしょう。

24時間いつでもできる

店舗仕入れの場合は、店舗の営業時間が決まっているので、いつでもできるわけではありません。
一方ネット仕入れなら、インターネットにつながる環境であれば24時間いつでも行うことができます。自分の時間の都合にあわせやすいのです。

地域によって差がない

店舗仕入れの場合、チェーン店であっても地域によって同じ商品の価格が違ったり、地域によっては仕入れできるような店舗が近くにないことがあります。店舗が近くになければ車や電車を使って移動することになり、店舗が近くにある人に比べると交通費がかかってしまいます。地域によって条件の良し悪しの差があるのです。
ネット仕入れの場合は、どこにいても同じようにサイトにアクセスできるので、地域による差がありません。

いろいろな商品がそろっている

店舗の場合は品物を置ける範囲が決まっているので、販売している商品にも限りがあります。
しかし、ネットなら在庫をたくさん保管することができ、さまざまな商品を紹介することができます。店舗では売られていない商品をネットでなら購入できることもあります。

せどりのデメリット

送料がかかる

商品によっては送料がかかります。送料ばかりかかっていては、利益を出すことは難しいです。
○○円以上で送料無料といったことがあるので、賢く利用してみましょう。まとめて購入をすれば、送料無料になる可能性があります。

現物を見ることができない

パソコンやスマホの画面を通してみた場合と実際に見たときでは、思っていたより大きい(小さい)、色が違うなど、商品のイメージが違うことがあります。また、肌触りは実際に商品を手に取って触ってみないとわかりません。
ネットでは商品を実際に手にすることができないので、こういったことがわからない点がデメリットです。