物語を考えたり、出されたお題から話を広げたりするなどの発想力に自信がある、さらに文章を書くことが好きという人に最適な副業が、シナリオライターです。 シナリオライターと聞くと、専門学校で学ぶ必要があるのではないかと考える人もいれば、業界とコネがなければ簡単になることはできないというイメージを持つ人もいるでしょう。しかし、シナリオの書き方などを学んでいない人であっても、コンテストなどで入賞をすることでシナリオライターの道が開けることは少なくありません。さらに、手軽にシナリオライターとして稼ぎたいという場合は、動画向けのシナリオを書く仕事を探してみると良いでしょう。 動画サイトで増えてきているのが、アニメを活用して本当にあった話や未来予想など様々な物語を発信していくサイトです。こうしたアニメを作るために欠かせないのが、シナリオライターの存在です。クラウドワークという形で、そんなシナリオライターを募集する業者は右肩上がりに増えてきています。 いきなりドラマや映画のように長編のシナリオは難しいという人であっても、10分程度の動画のシナリオであれば気軽に書くことができるでしょう。さらに、動画のシナリオはあらかじめテーマが決まっていることが多く、どんな内容を書くか一から考えずに済むというメリットもあります。そのため、物語を考えることなどが好きというスキルを活かして働きたいのであれb、動画のシナリオライターという仕事に注目をしてみると良いでしょう。 動画のシナリオライターのメリットは、自分のペースで仕事を進めていけることです。勿論、納期は設定されることになりますが、納期までの仕事の進め方に決まりはなく、本業や個人の用事を最優先に空き時間を活かして仕事をしていくことができます。さらに、仕事のペースなどに関する交渉ができることも多く、無理なく書ける範囲から始めることができるようになっています。 こうした動画関連のシナリオライターの報酬は、依頼する業者によって様々です。とても低い報酬から始めるということも珍しくありませんが、実績を積んでいけば、1本あたりの単価も上がっていくことになるでしょう。そのため、シナリオライターの仕事に少しでも興味を持っているのであれば、まずは無理なくできる仕事を探すところから始めてみると良いでしょう。それにより、空き時間を活かして副収入を得られる状態を作っていくことができます。